商品カタログ

The Week, 1933-1946

関連ワード:Brill データベース 戦間期 第二次世界大戦 英国ジャーナリズム  更新日:2021.08.18

提供元

Brill

Advisor: Peter O’Connor, Musashino University, Tokyo

概要

英国のジャーナリストClaud Cockburnが1933年から1946年にかけて編集・発行した左派系ニュースレター”The Week”の全号(600号以上(3,559ページ))を全文検索が可能なPDFで収録します。

The Week

The Weekについて

英国の高級日刊新聞ロンドン・タイムズのドイツ、米国海外特派員であったCockburnは1933年にタイムズ社を辞職し、”The Week”を創刊しました。詳しい情報と先見性を兼ね備えた同誌は、1930年代の一種の指針を提示するとともに、どんなに宥和的な施策を講じても戦争は不可避であると、当時の人々に差し迫る恐怖を警告する役割を果たしました。

“The Week”の記事はCockburnがロンドン・タイムズ時代に構築した外交、軍事、ジャーナリズム関係者のネットワークから得たゴシップや事実がもとになっており、中には、クレムリンからの情報もありました。6ページ構成のタイプ打ち、謄写版、茶色い紙にホチキス止めの週刊”The Week”は、創刊当初の数千人購読者から急成長し、1933年4月下旬に発行された第4号の発行部数は3倍になりました。世界中のあらゆる国の日刊紙や通信社のロンドン支局必携となり、購読者にはロンドン、ワシントンの各国公使館・大使館が含まれ、じきに東京や南京にも届けられるようになりました。またロンドン市内の英国や海外の主要な銀行・金融機関も同誌購読しました。

質素な外観とは裏腹に、当時の有力者の浅薄で日和見的な考えを暴いた”The Week”は議論の的となり、同時代および後世の人々より賛否両論が繰り広げられました。

ご契約形態・価格

  • 教育機関等、法人向けサービスです。
  • 恒久的利用権購入契約でのご提供となります。
  • 同時アクセス数は無制限です。

※個別にお見積申し上げます。紀伊國屋書店までお申しつけください。

認証方式

IPアドレス認証
その他の認証方式については、お問い合わせください。

トライアル

法人のお客様は、1ヶ月間のトライアルが可能です。最寄りの営業部・所、もしくは、こちらからお問い合わせください。

(書籍・データベース営業部)