これからの学び

クラシック音楽の宝庫:Naxos Music Library: クラシック通信1

2019.09.10

世界中で使われている、クラシック専門の音楽配信サービス

一生かかっても究め尽くせない、クラシック音楽のあまりに奥深い世界。しかしせっかくなら、生きているうちにその世界を少しでも深く、広く知りたいもの。そんな時、ナクソス・ミュージック・ライブラリー(NML)以上にふさわしいサービスはありません。

世界中から920レーベルが参加。作曲家の数34,823人(2019年9月現在)。クラシック音楽の宝庫、NMLを使い始めれば、これまでと違った、クラシック音楽が一層身近になる新しい生活が始まります。

本稿より、おすすめのアルバムやレーベルをピックアップしてお届けするクラシック通信をお届けします。

スタッフのおすすめアルバム ~今すぐなにか聴きたい方へ~

  • 迫力の和楽器アンサンブル!
    日本音楽集団- 和楽器vs SF交響ファンタジー
    和楽器のみの大編成アンサンブルで活動する「日本音楽集団」の自主レーベルが新規追加。これは怪獣映画「ゴジラ」に使われた音楽を和楽器で演奏したアルバムで、時に西洋楽器を上回るド迫力を見せます。
    アルバムページはこちら

  • 若きジョージア(グルジア)のピアニスト!
    ニーノ・グヴェタッゼ- リスト:ピアノ作品集
    ジョージア(グルジア)出身のピアニスト ニーノ・グヴェタッゼ。フランツ・リスト国際ピアノコンクール第2位(批評家賞と聴衆賞も同時受賞)している、リストのスペシャリスト。容姿も音も美しい、まさに才色兼備!
    アルバムページはこちら

  • 入門編/BGM向け
    ねむれるクラシック 夜
    徐々に涼しくなってきたものの、まだ寝苦しい日もある。
    そんな時にぴったりなのがこのアルバム。穏やかな曲ばかりを集めたこのアルバムは、眠る前のBGMにぴったり。落ち着いた気分になりたい時のお供にもうってつけです。
    アルバムページはこちら

  • 首席指揮者就任記念!
    スーク:交響詩「夏のおとぎ話」/リャードフ:魔法にかけられた湖(K. ペトレンコ)
    世界トップのオーケストラ、ベルリン・フィル。この8月、その首席指揮者に、ロシア出身のキリル・ペトレンコが就任しました。これは、その彼がチェコとロシアの珍しい作品を、ベルリン・コーミッシェ・オーパー管弦楽団を指揮して録音したアルバムで、彼の芸風を味わうことができます。
    アルバムページはこちら

レーベルピックアップ

  • Mariinsky (マリインスキー劇場)
    世界屈指の歌劇場のひとつ、マリインスキー劇場の自主制作レーベル。芸術監督であるヴァレリー・ゲルギエフ指揮による音源をリリースしています。2019年12月には「チャイコフスキー・フェスティバル2019」で来日公演があります。
    レーベルピックアップページはこちら

無料試聴サービスとトライアル

愛好家からプロフェッショナルの方に至るまで、クラシック音楽を一層身近な存在にしてくれるのがナクソス・ミュージック・ライブラリー(NML)です。NMLの魅力の一端に触れていただけるよう、各トラックの冒頭30秒はどなたでも試聴可能です。

ぜひお試しください:https://ml.naxos.jp/

法人のお客様向けには、ご検討の一助として1か月間の無料トライアルを承っております。株式会社 紀伊國屋書店の最寄りの営業部/所までお申し込みください。

※Naxos Music Libraryは、教育機関など法人向けサービスと、個人のお客様向けサービスがございます。

法人のお客様向けサービスは、株式会社 紀伊國屋書店まで、個人のお客様向けサービスは、ナクソス・ジャパン株式会社までお問い合わせください。

お問い合わせ:

  • ナクソス・ジャパン株式会社はこちら
  • 株式会社 紀伊國屋書店はこちら