図書館をつくる

【7/7(火)開催】Webイベント:Japan Ex Libris Day

2020.06.22

クラウド型次世代図書館システム“Alma”の開発元であるEx Libris社より、日本初となるJapan Ex Libris Dayの開催のお知らせです。

“Alma”は、印刷・電子・デジタル資料を単一のインターフェースで管理できる統合図書館サービスプラットフォームとして、ケンブリッジ大学やハーバード大学をはじめとする海外の名門大学図書館でも広く導入されています。国内でもすでに早稲田大学、慶応大学、佛教大学で導入実績があります。

日本初開催となるJapan Ex Libris Dayでは、Almaを中心としてEx Librisが展開するソリューションを概観するとともに、Almaを国内で最初に導入した早稲田大学・慶應義塾大学の発表を予定しています。

プログラム詳細、および、お申し込みはこちらよりお願いいたします。

※上記サイトよりお申込みの際、「このイベントをどのようにしてお知りになりましたか」の欄には、『紀伊國屋書店からの案内』とご入力下さい。

概要

Japan Ex Libris Day

【日時】2020年7月7日(火)13:00-15:00 ※オンライン開催

【言語】日本語と英語 (英語のプレゼンテーションには通訳はつきませんが、資料は日本語で表示し、内容の簡単なサマリーを発表の前後に行います。)

【プレゼンター】渡辺麻子(Ex Libris 日本代表)、Bar Veinstein(Ex Libris 最高経営責任者)、Jane Burke(Ex Libris 戦略イニシアティブ担当副社長)、小林隼(ProQuest)、早稲田大学、慶應大学(発表順、敬称略)

【主催】Ex Libris 社

【参加費】無料(事前申込が必要です)

プログラム詳細・お申し込みはこちら

※上記サイトよりお申込みの際、「このイベントをどのようにしてお知りになりましたか」の欄には、『紀伊國屋書店からの案内』とご入力下さい。

※プログラム詳細はこちらからPDFでもダウンロードできます。

※ 本イベントはオンライン会議ツールWebExを用いたウェブイベントです。参加お申込み後、視聴方法をメールにてご連絡させていただきますので、当日、リンクにアクセスしてご参加ください。

(紀伊國屋書店 教育支援システム部 上善)