図書館をつくる

【申込受付中】2020年図書館総合展:JST/CHORUSオンラインフォーラムのご案内

2020.10.13
CHORUS Institution Dashboard and Data Service, 研究支援, OA論文のモニタリング, ダッシュボードサービス

来る図書館総合展2020(第22回図書館総合展)にて、国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)主催、CHORUS(コーラス)、紀伊國屋書店共催によるオンラインフォーラムを開催する運びとなりました。開催概要は以下の通りです。実際に”CHORUS Institution Dashboard Service”を運用している機関からの活用事例を知る絶好の機会です。是非聴講をご検討くださいますよう、お願いいたします。

JST/CHORUS:オープンサイエンスフレームワークの広がりの可能性を探る

Free webinar: CHORUS and JST – Working together to monitor open science in Japan

主催:国立研究開発法人科学技術振興機構
共催:CHORUS、株式会社紀伊國屋書店

対象:図書館関係者、研究支援部門の方、機関リポジトリ担当、URA等

開催日時

2020年11月5日(木) 10:00 – 12:00
November 5th (Thu), 10am – 12 noon

開催手段: Zoom ウェビナー  (Registration Required)
参加費:無料
お申し込み方法: 以下いずれかよりお申し込みください(事前申し込みが必要です)

■1 図書館総合展特設サイトからのお申し込みはこちら:
https://2020.libraryfair.jp/forum/2020/f062
(図書館総合展サイトでのアカウント登録が必要です。参加証明書がご必要な方は図書館総合展サイトからのお申込みをおすすめいたします・本フォーラムのみ、申込管理は紀伊國屋書店が行います。)
If you wish to apply the registration of the event via the Library Fair site, please create an account first and register here.

■2 紀伊國屋書店「教育と研究の未来」サイトから直接お申込み
受付サイトはこちら:
https://mirai.kinokuniya.co.jp/online-forum-2020-jst-chorus/
(本フォーラムでのご質問があればこちらでコメントを受付しております。)
Or, you can register the event directly through Kinokuniya.  In case please register here.

CHORUSによるご案内ページはこちら:
https://www.chorusaccess.org/events/jst-and-chorus-virtual-session-working-together-to-monitor-open-science/

抄録

2017年の図書館総合展では、土屋 俊 大学改革支援・学位授与機構教授にモデレーターをご担当いただき、当時CHORUS試行プログラムに参加していた国立研究開発法人 科学技術振興機構(JST)と千葉大学も交えて、CHORUSにてセッションを開催しました。CHORUSは、研究成果論文とオープンアクセスをモニターするためのグローバルなサービスを提供する非営利機関として2015年に設立されました。2017年よりJSTは資金提供機関としてCHORUSのパートナーとなり、今日では千葉大学を含む7つの機関にて”CHORUS Institution Dashboard Service”をご購読いただいております。本セッションでは、日本の学術コミュニケーションエコシステムにおけるJST/CHORUSのオープンサイエンスフレームワークの広がりの可能性を、活用事例や関係者のアイデアとして提示しながら探っていきます。

At the 2017 Library Fair, Professor Syun Tutiya moderated a session involving all three partners in the CHORUS trial with JST and Chiba University. CHORUS is a not-for-profit, membership organization established in 2015 as a global service to monitor research output and open access. Since 2017 JST has become a CHORUS funder partner and seven institutions including Chiba University are subscribing. This session will explore the potential for a wider JST/CHORUS open-science framework in Japan’s scholarly communications ecosystem presented as use cases and ideas from those involved.

モデレーター

小賀坂  康志 国立研究開発法人 科学技術振興機構 未来創造研究開発推進部 部長
Moderated by Dr Yasushi Ogasaka, Director, Department of R&D for Future Creation, Japan Science and Technology

プログラム

トピック1:CHORUSのご紹介 – CHORUSとは、その機能とオープンサイエンス空間での進化について
登壇者:マシュー・ソルター CHORUS理事 American Physical Society出版部統括

Topic 1: An introduction to CHORUS – what it does, how it works and its evolution in the open-science space
By Dr. Matthew Salter, Publisher, American Physical Society and Member of the CHORUS Board of Directors

トピック2:JSTとCHORUSの協力 ー オープンアクセスへの対応と今後の展望
登壇者:中島 律子 国立研究開発法人 科学技術振興機構 情報基盤事業部 部長

Topic 2: JST’s experience of working with CHORUS – Growth, OA compliance and future expectations
By Ritsuko Nakajima, Department of Databases for Information Knowledge Infrastructure, Japan Science and Technology

トピック3:機関リポジトリからリンクすることでオープンアクセスを推進する
登壇者:竹内 比呂也 千葉大学副学長 附属図書館長 アカデミック・リンク・センター長

Topic 3: Building links to the institutional repository and increasing open access participation
By Professor Hiroya Takeuchi, Vice President, University Librarian and Director, Academic Link Center, Chiba University

トピック4:Green OAコンプライアンスのモニタリングと機関リポジトリの運用
登壇者:尾鷲 瑞穂 国立研究開発法人 国立環境研究所 環境情報部情報企画室 高度技能専門員

Topic 4: Monitoring Green OA compliance and institutional repository operation
By Mizuho Owashi, Environmental Information Department (Librarian), National Institute of Environmental Studies Japan

トピック5:DOI追跡の今後への展望 – 科学の影響力
登壇者:谷藤 幹子 国立研究開発法人 物質・材料研究機構 統合型材料開発・情報基盤部門材料データプラットフォームセンター センター長

Topic 5: Future perspective of DOI tracking – influence of science
By Dr. Mikiko Tanifuji, Managing Director, Materials Data Platform Center, National Institute for Materials Science

プログラムは全て日本語で行われます。
本件についてのお問い合わせについては最寄りの紀伊國屋書店営業所もしくはこちらまでお願いいたします。

関連記事:

(紀伊國屋書店 雑誌営業部 江崎)