人文社会系研究

10月8日、22日開催、無料ウェビナーのご案内:Archives of Sexuality and Genderデータベースシリーズ

2020.09.25
gender

このたび、センゲージ ラーニング株式会社Galeでは、日本の教育機関、研究機関のお客様を対象に、性とジェンダーに関する一次史料データベース群Archives of Sexuality and Genderについてのオンライン説明会を開催する運びとなりました。

Galeの商品ご担当者が、同シリーズ各パートの収録内容と使い方についてわかりやすく説明いたします。また、来年春刊行予定のPart 5についての予告もございます。

ご多用とは存じますが、ぜひともご参加いただきたくご案内申しあげます。

ウェビナー概要

  • 日時:
    • 1回目:2020年10月8日(木)午後4時~4時45分
    • 2回目:2020年10月22日(木)午後4時~4時45分
      ※両日とも同内容です。
  • 内容:Galeの一次資料データベース群Archives of Sexuality and Genderの収録内容と使い方
  • 言語:日本語
  • お申し込み:事前登録制です。以下URLよりお申し込みください。
    • 10月8日の回へのご登録リンクはこちら
    • 10月22日の回へのご登録リンクはこちら

※後日、ご登録いただいたメールアドレス宛に後日録画リンクをお送りいたします。当日ご都合がつかない場合でも、ぜひお申し込みください。
※視聴者の個人情報が録画上に表示されることはございません。
※資料の性質上、一部性的に露骨な画像や資料も含まれます。あらかじめご了承ください。

 Archives of Sexuality and Genderについて

忌避・隠蔽されてきた性とジェンダーの歴史を多彩な一次資料から探るシリーズ。性的少数者の活動史、LGBTQ向け雑誌・新聞、性愛文学、エロティカ、性研究史、開発途上国における弾圧と運動、エイズ危機とその対応をめぐる議論、政府機関・国際機関による政策議論や調査など、様々なテーマに関連する82種の貴重コレクションをLGBTQの専門アーカイブ、寄託個人文書、国立図書館・公文書館、研究機関等よりデジタル化しています。

Gale作成カタログ(PDF)

  • 1940年以降のLGBTQの歴史と文化 Part I(LGBTQ History and Culture Since 1940, Part I)はこちら
  • 1940年以降のLGBTQの歴史と文化 Part II(LGBTQ History and Culture Since 1940, Part II)はこちら
  • 16世紀~20世紀の性とセクシュアリティ(Sex and Sexuality, Sixteenth to Twentieth Century)はこちら
  • LGBTQ運動と文化:国際的な視点(International Perspectives on LGBTQ Activism and Culture)はこちら

商品ご紹介サイト(紀伊國屋書店作成)

本ウェビナーでとりあげるデータベースのお問い合わせは、こちら

(紀伊國屋書店 書籍・データベース営業部 伊佐)