医療系情報

【期間延長】6月末まで無償アクセス提供。英国王立内科医協会アーカイブ(Wiley Digital Archives) COVID対応支援プロジェクト

2020.05.03

感染拡大が日々報じられている新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響を受けて、Wileyでは、同社が提供するデータベースシリーズWiley Digital Archivesの中からRoyal College of Physicians(英国王立内科医協会アーカイブ) の無料アクセスサービスを、5月末日までから6月末までに延長してご提供します。

感染症の拡大は、歴史において過去何度も繰り返されており、歴史史料には、多くの教訓が含まれます。ぜひご利用ください。

Wiley Digital Archivesとは

Wiley Digital Archivesは、世界各国の有力な学協会・図書館・史料館などと提携し、彼らが所蔵する歴史的に価値の高い一次資料をデジタル化してご提供する電子コレクション・シリーズです。学協会等のアーカイブには、手稿、調査報告書、運営記録、フィールド記録、書簡、モノグラフ等、極めて多岐に亘る文書が保管されています。これらの文書は科学の進歩を担い、支援・促進してきた当事者や関係者の着想・発見・理念・相互交流の足跡を伝える貴重な情報が含まれます。

Royal College of Physicians(英国王立内科医協会) とは

厳密な医療ガイドラインの必要性に応えるべく1518年に創設された、イングランド最古の医学協会です。当時、多くの医療従事者が正式な訓練、知識を習得しないまま実務に携わっており、適切な技術を備えた医療従事者が正式な資格を与えられ、資格を持たないままに医療に従事した場合は、処罰の対象となるべきであるという協会の規範設立が急務となっていました。

英国王立内科医協会は、世界の医学コミュニティにおける最も重要な機関として、数世紀にわたり、同協会は日々の公衆衛生上の課題に取り組む一方で、医療規格を設定し、促進するという極めて重要な役割を担い続けてきました。

今日、同協会はよりよい健康管理をめざし、病気を減らし、促進する一方で、診断技術の向上、患者のケアを促す使命を追及しています。

Wiley Digital Archives – Royal College of Physiciansコンテンツ例

Report on the Pandemic of Influenza, 1918-19

Report on the Pandemic of Influenza, 1918-19

スペイン風邪レポート

Memorandum on Influenza
Royal College of Physicians, Official Proceedings Of The Royal College Of Physicians Of London, November, 1918.

“Infection is conveyed from the sick to the healthy by the secretions of the respiratory surfaces. In coughing, sneezing, and even in loud talking these are transmitted through the air for considerable distances in the form of a fine spray. The channels of reception are normally the nose and throat.”

(感染は、呼吸器表面の分泌物によって運ばれます。咳、くしゃみ、さらには大声で話す場合でさえ、空中で相当の距離を微小な飛沫経由で伝達されます。通常の伝達経路は鼻と喉です)

お申し込み方法

  • 以下の情報を添えてonline@kinokuniya.co.jpまでお申し込みください。
    ご希望データベース、貴機関名、ご住所、ご担当者名、e-mailアドレス。
  • 本無料アクセスサービスは、大学、研究機関ご所属の職員、研究者にご提供します。

関連記事のご案内

 

Wileyサイトはこちら
紀伊國屋書店サイトはこちら
お問い合わせはこちら

(紀伊國屋書店 書籍・データベース営業部 伊佐)