商品カタログ

『芸術の日本』仏・英・独語版復刻集 Le Japon artistique / Artistic Japan / Japanischer Formenschatz, 1888-1891

『ジャポニスムの系譜』シリーズ第8回配本ー西洋での日本美術研究のカノンとなった最重要誌3か国語版の復刻集成

関連ワード:Japanese art Japonisme ジャポニスム 日本工芸 日本美術史 浮世絵 版画史 美術商  更新日:2020.10.20

『芸術の日本』仏・英・独語版復刻集成(全6巻+別冊解説)Le Japon artistique / Artistic Japan / Japanischer Formenschatz, 1888-1891
(Western Sources of Japanese Art and Japonisme) Pt. 8
監修・解説:  馬渕明子(日本女子大学名誉教授・国立西洋美術館館長)

2013年1月刊行 ISBN : 978-4-86166-143-3 A4判・約2,010頁
カラー表紙36点、カラー図版347点(内折込14点)
 [原本を約10%縮小、余白をカットしA4判にて復刻。英語、ドイツ語版は本文テキストページのみ収録しています。]
(Edition Synapse) -JP-

ご注文は紀伊國屋書店各営業所またはBookWeb Pro
For institutions outside Japan, please contact  Kinokuniya oversea sales office

In 1888, Siegfried Bing (known simply as S. Bing), a German art dealer who relocated to Paris in the mid-nineteenth century launched a monthly magazine on Japanese art and culture simultaneously in three languages editions (French, English and German) and published 36 issues over three years. The publication was achieved by many collaborators in different countries including Antotin Proust, Edmond Goncourt, Tadamasa Hayashi, William Anderson, Paul Manz, Roger Marx etc.

This fascimile edition is the first complete reproduction of all issues of all three editions (in a slightly reduced format) with all covers and plates. Although there are academic and art libraries which hold the back issues of this most important document of the history of Japanese art, the majority of such collections lack some editions or some plates or jacket.

⇒詳細パンフレットはこちら/ For more information please see the flyer

19世紀末フランス、ドイツ、イギリスで3年間発行され、西洋での日本美術研究のカノンとなった最重要芸術雑誌『芸術の日本』の3か国語版の復刻集成。当時の多くの芸術家が本誌を購読し、その影響はヨーロッパからアメリカの美術・工芸界にまで及びました。なかでもゴッホはパリから送られてくる本誌を愛読し、本誌中の北斎などの浮世絵図版から日本美術を受容したことが知られています。

  • ジャポニスム・ブームに大きな影響を与えた美術商で日本美術の西洋への紹介者としても多大な足跡を残したS. ビングが発行し、仏、英、独3か国の芸術家、批評家、日本美術コレクターなど計16名による専門テーマの論文36点と約350枚の色刷り複製図版を全36号に収録、美麗な表紙とともに3か国で出版した大型判月刊誌。
  • 執筆陣はルイ・ゴンス、テオドール・デュレ、エドモン・ド・ゴンクール、ユストゥス・ブリンクマン、
  • マーカス・B・ヒューイッシュ、ウィリアム・アンダーソン等、ジャポニスム・ブームの中心人物。
  • 稀少な英語、ドイツ語版も収録(本文テキストのみ)することにより、各国語とフランス語テキストの対照や、ヨーロッパ全体のジャポニスムの広がりの研究資料としての活用も可能にします。
  • 掲載論文は、絵画、工芸だけでなく、建築、舞台芸術、詩歌なども含む日本文化全体を対象としており、ジャポニスム研究や美術史研究の資料としてだけでなく、比較文学・文化や日本と西洋の文化接触史の資料としても一級の文献です。

(書籍・データベース営業部)

関連商品カタログ