人文社会系研究

過去の感染症:Wiley Digital Archivesを利用した調査事例

2020.06.11

Wiley Digital Archivesは、世界各国の有力な学協会・図書館・史料館などと提携し、彼らが所蔵する歴史的に価値の高い一次資料をデジタル化してご提供する 電子コレクションです。情報提供機関毎にアーカイブ分売の形でご提供していますが、アーカイブの枠を超えて横断的に収録コンテンツを調査することで、あるテーマを様々な視点からみることが可能になります。

本稿では、Wiley Digital Archivesのアーカイブ群から、過去の感染症を題材に、追跡調査、医学界や社会の反応、文化的慣習といったコンテンツをご紹介していきます。

テーマ1:感染症の追跡調査

COVID-19が与えた真の衝撃を予測するのは難しいものの、旅行や地理的要因が感染症拡大の一因となっていることは知られています。200,000点以上の歴史地図を収録するRoyal Geographical Societyアーカイブは、疾病と探検の関係を研究するための価値ある情報源です。19世紀のブリテン諸島の地図は、1831年、1832年、1833年の感染地域を示しています。

1833年にコレラの感染が確認された地域を示すブリテン諸島の地図
Petermann, Heinrich Augustus. “Cholera Map of the British Isles Showing the Districts Attacked in 1831, 1832, 1833.” RGS Images Online, 1 Jan. 1831.

テーマ2:ソーシャルディスタンス文化戦争

700年以上におよぶ医学の歴史を記録する中で、王立内科医協会は、検疫強化やソーシャルディスタンス関連の規制など、近代における保健関連の規制の発展に多大な役割を果たしましたが、誰もがそれに協力的だったわけではありませんでした。

チャールズ・マクリーン医師からジョン・ラタム医師にあてた書簡。感染に関する見方と検疫への反対表明。
Royal College of Physicians of London. “Letter from Dr Charles Maclean to Dr John Latham, Expressing His Views on Contagion and Setting out His Objections to Quarantine.” Regulation of Clinical Practice and Standards, 8 Oct. 1818.

テーマ3:奇跡の治療法

王立人類学協会アーカイブ収録の以下の例にみられるように、疫病があるところに奇跡の治療法は存在しますが、良い結果より悪い結果をもたらします。子供は家でこれをマネしないください。

伝承、音楽、慣例、慣習関連の雑記。インド中心、先史時代含む。
Chaube, Ramgharib Pandit. “A Curious Cure for Cholera.” Miscellaneous Notes on Folklore, Magic, Rites and Customs, Including Prehistory, Mainly India, No Date.

テーマ4:非難

疫病、パンデミック、伝染病への反応は奥が深く、しばしば避難や責任追及を招きます。ニューヨーク科学アカデミーアーカイブに収録されている科学者の人権委員会(Committee on the Human rights of Scientists)ファイルは、HIV危機に対応する研究者や科学者を同委員会が保護し、介入した範囲の広さを示します。

“Libya, May 19, 2004-January 4, 2007.” Records of the Committee on the Human Rights of Scientists, 19 May 2004–4 Jan. 2007.

Wiley Digital Archivsは、教育機関様等の法人のお客様に有料でご提供しているデータベースです。
ご検討材料の一環として1か月間の無料トライアルを承っております。ご希望のお客様は、弊社営業担当者またはこちらまでご連絡下さい。

紀伊國屋書店サイトはこちら
Wileyサイト(英語)はこちら

(資料提供Wiley)