商品カタログ

Digital National Security Archive:アメリカの諜報活動

CIAをはじめとする諜報機関と、1940年代~2010年代のアメリカの諜報活動

関連ワード:ProQuest データベース 国際関係 外交政策 政治 米国  更新日:2020.05.30

Digital National Security Archive(アメリカ外交政策極秘文書シリーズ、DNSA)より、アメリカの諜報活動に関するコレクションを紹介します。

 

CIA極秘作戦・1:カーターからオバマまで、1977-2010年
CIA Covert Operations: From Carter to Obama, 1977-2010

カーターからオバマ政権まで、アメリカの極秘の国外活動を明らかにする
CIAの極秘作戦に関するシリーズの第一弾です。カーターからオバマ政権にかけて行われたCIAの極秘作戦に関する資料を収録します。最新の機密解除文書を含む2,337点の資料は、これまで資料の乏しかったアメリカの国外活動に関する詳細な記録です。収録するテーマは、アフリカ、中南米、ラジオ放送、対テロ戦争などにおけるCIAの極秘作戦と、それに対する公式見解及びアメリカの諜報活動マネジメントなど、CIAの関わったあらゆる事項に及びます。大統領の発言のメモ、国家安全保障会議の資料、CIAの高官が大統領に宛てた非公式の文書、CIAの調査報告などを収録します。

 

CIA極秘作戦・2:諜報の年、1975年
CIA Covert Operations II: The Year of Intelligence, 1975

政府の諜報機関による権力の濫用が暴露された1975年に焦点を当てる
1975年に行われた、CIAの活動の調査に関する資料を収録します。1974年にThe New York Timesが暴露したCIAの違法行為は世論の憤激を巻き起こし、これを受けてフォード大統領はブルーリボン大統領委員団(ロックフェラー委員会)を設置、上院ではチャーチ委員会が、下院ではパイク委員会が、CIAの活動を調査しました。当コレクションは、その後もこの種の調査のモデルとなったこれらの委員会の資料を豊富に収録し、そして、フォード政権がこの政治的危機にどのように対応し、最終的に諜報組織をいかに再編成したか、そして政府として初めて諜報機関の使命と役割とを明確にした行政命令をいかに下したかを、細部まで明らかにします。

 

CIA極秘作戦・3:ケネディからニクソンまで、1961-1974年
CIA Covert Operations III: From Kennedy to Nixon, 1961-1974

カストロ政権転覆計画を中心に、冷戦下のCIAの秘密活動を明らかに
カストロ政権を転覆させようとして歴史的失敗に終わったピッグズ湾事件を中心に、キューバ、イギリス、ギニア、ボリビア、インドネシア、ドミニカ共和国、イラクなどでCIAが実施・計画した極秘作戦に関する2,407点の文書を収録します。ピッグズ湾事件後に計画されたカストロ政権転覆作戦・通称マングース作戦や、ドミニカの独裁者トルヒーヨの暗殺計画、クルド人への秘密裏の支援、中央アフリカ共和国の独裁者ボカサへの賄賂の許可を求める文書など、この時代のCIAの秘密活動を証言する貴重な資料を提供します。その中にはこれまであまり知られていない、あるいはまったく未調査の作戦も含まれます。
また、秘密活動を許可した”Special Group”の会議の議事録やCIAの局長のスタッフミーティング、CIA長官ジョン・マコーンの記したケネディ・ジョンソン両大統領とのミーティングのノートなど、CIA最高司令部の内部資料を幅広く収録しています。

 

大統領日報・1:ケネディ、ジョンソンとCIA、1961–1969年
President’s Daily Brief: Kennedy, Johnson, and the CIA, 1961-1969

毎朝大統領に手渡されたトップ・シークレットを初めて機密解除
大統領日報(President’s Daily Brief, PDB)は、CIAをはじめとする情報機関から日曜日を除く毎朝、 大統領に提出されたごく短い報告書で、その日その時に世界でもっとも重要な出来事を大統領に簡潔に報告するものです。
大統領日報は長年にわたってCIAの最高機密として堅く秘されていましたが、NSAと研究者による公開請求の訴訟により、 このたびケネディ、ジョンソン政権の2,500点・約19,000ページを公開することについに成功しました。 大統領が知っていた情報や、米国政府がその情報をどの日に最重要問題として認識したのかを明らかにします。 政府や安全保障システム、大統領の意思決定、CIAの情報収集、政府の機密に関しても貴重な視点を提供するでしょう。

 

大統領日報・2:ニクソン、フォードとCIA、1969-1977年
The President’s Daily Brief: Nixon, Ford and the CIA, 1969-1977

CIAが大統領に毎日渡したトップシークレット
ニクソン、フォード両大統領にCIAが毎日報告した国際情勢の簡潔な報告書、「大統領日報」を2,527 点、 28,300頁収録します。当時の最高機密情報であり、冷戦時代の激動の国際情勢に対する米国政府の認識を1日単位で明らかにする貴重な資料です。大統領日報は大統領の要請に沿って整えられており、大統領とCIAが米国の日々直面する多数の問題の優先度をどのように評価したかを明らかにします。
当コレクションに収録される資料には、対ソ関係をはじめ、ヴェトナム戦争、ラオス、カンボジアの内戦、ニクソンの中国訪問、中東とアフリカへのソヴィエトの軍事支援、第四次中東戦争と中東和平交渉、ヨルダン、レバノンの内戦、テロ、核、宇宙開発競争など、当時の国際情勢の重要な出来事が言及されています。
「国家安全保障に関する大統領指令」コレクションとあわせて利用することで、米国の政策決定の過程を解明するのに役立ちます。

 

アメリカ国家安全保障局:組織と軍事行動、1945-2009年
National Security Agency, The: Organization and Operations, 1945-2009

アメリカ最大の諜報機関の第二次世界大戦から現在までの歴史を俯瞰
アメリカ最大の諜報機関、アメリカ国家安全保障局(NSA: the National Security Agency)の、第二次世界大戦から現在にいたるまでの歴史を取り上げます。
新たに機密解除されたNSA内部の歴史や機関誌の記事も含まれます。 かつて最高機密扱いとして分類されていた暗号を含む諜報レポートやメモ類は、NSAの通信傍受から得られたものもあります。 また、数々の機密解除文書では、NSAの組織構造、諜報コレクション、分析的操作、人物・予算データ、諸外国との関係等を取り上げています。 本コレクションの目玉は、最高機密扱いとして分類されていた資料類の評価結果です。 複数の外部研究団体や学識経験者で構成された会議が実施したもので、60年以上におよぶ歴史を持つNSAに関する、ユニークかつ豊富な情報源です。

 

アメリカの情報機関:組織・戦略・統御、1947-1989年
U.S. Intelligence Community, The: Organization, Operations and Management, 1947-1989

アメリカの諜報活動の内情-各機関の組織構造と役割配分、活動計画と管理体制-スパイ小説などで描かれる虚像を訂正し、正確な実態を解明する一次資料
25の個別組織から成るアメリカ政府諜報機関の構造・活動の詳細や、情報収集プログラムにおける機関相互の関わり、 組織の指針となる各種の規則・指令・マニュアル等を収録します。
CIA、国防情報庁(Defense Intelligence Agency)、 国家安全保障委員会(National Security Council)・国防総省・国務省などの諸機関が保有していた、 約15,000頁にのぼる資料を収録しています。これらの大半は情報公開法(Freedom of Information Act)に基づき近年公開されたもので、 従来機密扱いとされ、出版されたことのないものです。
アメリカの海外でのスパイ活動・情報収集活動の記録や関連する国際協定についても収録され、 アメリカ政府の外交政策・軍事政策全般の理解にも役立つコレクションです。

 

9/11以降のアメリカの情報コミュニティ
The U.S. Intelligence Community After 9/11

9/11テロ以降のアメリカの情報コミュニティの変遷、諜報活動をクローズアップ!
2001年9月11日に発生したテロ事件以降、アメリカの情報コミュニティは、 国家情報局(ODNI:office of the director of national intelligence)の創設等、 様々な諜報活動の機能強化が行われてきました。 本コレクションは、これらの組織変更、対敵情報活動や分析等の諜報活動に関する文書を幅広く収録します。
さらに、9/11に関する情報コミュニティの実績、イラク戦争その他社会の注目を集める出来事に関連した問題について、 議会や行政府による調査の結果、評価も含まれます。

 

大量破壊兵器に関するアメリカの諜報活動:第二次大戦からイラク戦争まで
U.S. Intelligence on Weapons of Mass Destruction From World War II to Iraq

大量破壊兵器について、アメリカが第二次大戦後から現在までに行ってきた大規模なスパイ活動に関する公文書を収録!
CIA、アメリカ国務省、アメリカ大使館などの機関から、情報公開法 (Freedom of Information Act;略称FOIA)に基づき数年がかりで集められた、約600点・8,300ページ以上の文書を収録しています。
コレクションの編集には、アメリカ屈指の諜報研究家 ジェフリー・T・リチェルソンが当たっています。リチェルソンは、このコレクションの収録文献をベースとする著作 “Spying on the Bomb” (W.W. Norton; 2006) がニューヨークタイムズ紙やウォールストリートジャーナル紙で高く評価されており、その著作の幾つかは邦訳も出版されています。
年代別の収録文書数:1946-1949年 2点/1980-1989年 118点/1950-1959年 34点/1990-1999年 222点/ 1960-1969年 102点/2000-2005年 40点/1970-1979年 91点

 

アメリカの諜報・情報活動:1947-1996年
U.S. Espionage & Intelligence, 1947-1996

戦後50年間にわたるアメリカの諜報活動を記録した、1,174点・36,102ページに及ぶ文書資料
CIA、国防情報庁(Defense Intelligence Agency)、国家安全保障局(NSA)をはじめとする諸機関の文書が、アメリカ議会図書館やスパイの裁判記録、 情報公開法による公開請求など幅広い情報源から収集されています。
資料内容は、各諜報機関の歴史的記録や内部メモ、さらに活動マニュアル・規則・指令・報告書など多岐にわたります。 近年はじめて機密解除された文書も収録しており、第二次大戦直後から冷戦・ポスト冷戦期に至るまでの諜報機関の組織的発展やその活動方針の変遷を、 新たな視点から再評価することに役立つコレクションです。

 

電子監視:シャムロックからスノーデンまで
Electronic Surveillance and the National Security Agency: From Shamrock to Snowden

アメリカ政府機関による情報監視の実態を明らかにする
今日大きな議論を呼んでいる、電子監視に関する最も包括的なコレクションです。 2013年に元CIA局員エドワード・スノーデンがリークして世界中に衝撃を与えた、 アメリカの諜報機関の監視の実態を明らかにする資料をすべて収録します。加えて、これに関連する資料と、 スノーデンの行動に影響を受けて複数の政府機関 ―国家安全保障局や国家情報長官の組織下など― から開示・リークされた 資料も多数提供します。また、政府機関による監視行動とそれをめぐる議論の初期にまで遡る、歴史的な資料も収録します。 インターネット上からも貴重な資料を収集し、専門家が精査した上で索引情報を付与して提供します。

 

Digital National Security Archiveのその他のテーマのコレクションは下記からご覧ください。

関連商品カタログ