商品カタログ

Digital National Security Archive:中南米

キューバ、メキシコ、エルサルバドル、アルゼンチン、チリほか

関連ワード:データベース 国際関係 外交政策 政治 米国  更新日:2020.05.30

Digital National Security Archive(アメリカ外交政策極秘文書シリーズ、DNSA)より、中南米に関するコレクションを紹介します。

キューバ・ミサイル危機・1:1962年
Cuban Missile Crisis, 1962, The

米ソの核戦略とキューバ危機、海上封鎖とカストロへの諜報活動…ケネディ大統領の意志決定と外交戦略
15,000頁を超える軍事・諜報レポート、通信文、機密書簡、会議録、内部メモなど、キューバ・ミサイル危機打開のため 熟考の末実行された政策に関する、ユニークな資料が収録されています。
資料の大半は、キューバに設置されたソビエト・ミサイルの発見からその撤去に至るまでの緊張の13日間に集中しています。 危機回避後のミサイル撤去の検証、アメリカの不可侵保証、キューバに駐屯するソ連軍に関する外交交渉などについても併せて収録されています。 資料の大部分は、国務省、ホワイトハウス、国家安全保障委員会と特にその実行委員会のもので、 さらにアメリカ大使館や在外公館、陸・海・空軍、議会、国連の関連資料まで含んでいます。

キューバ・ミサイル危機・2:ピッグズ湾事件から核戦争の瀬戸際まで
Cuban Missile Crisis Revisited, The: An International Collection of Documents, From the Bay of Pigs to the Brink of Nuclear War

冷戦終結により公開された、ロシア&キューバ政府の所蔵文献をも収録、重要事件については、ほぼ週単位でその進展を追う
収録の中心は、キューバにて1996年に開催されたピッグズ湾事件(亡命キューバ人による対キューバ政府ゲリラ攻撃)、 35周年記念会議、ならびに2002年に開催されたミサイル危機40周年記念会議を機に発見・公開された新文書です。
合計1,463点にのぼる今回の収録文献は、1959年から1970年代半ばまでをカバーしますが、 そのほとんどはミサイル危機が起こった1962年のものです。

キューバとアメリカ:国交正常化までの交渉の歴史、1959-2016年
Cuba, and the U.S.: The Declassified History of Negotiations to Normalize Relations, 1959-2016

2016年の国交正常化に至る、隠された対話の歴史を明らかに
1959年のキューバ革命から始まり2016年の国交回復に至るまで半世紀以上に及ぶ、1,704点の機密解除文書を収録するコレクションです。 ほとんどの文書はこれまで知られていなかったもので、アメリカ・キューバ間の非公式ルートでの秘密対話の記録文書を含みます。 ケネディ、フォード、カーター大統領らが両国の関係の正常化を試みたことを示す詳細な資料も収録しており、 アメリカとキューバの外交関係に新たな視座を提供します。

アメリカの対メキシコ麻薬政策:1960-1976年
Mexico-United States Counternarcotics Policy, 1969-2013

麻薬政策が米墨関係に与えた影響を証言する
世界最大の違法薬物の消費国家であるアメリカと、アメリカで消費される薬物の大部分を供給しているメキシコの多角的な関係を、 政府機関の一次資料から追跡するコレクションです。
長大な国境線で接するアメリカとメキシコは、経済、社会、また安全保障の面からも、互いに深く関係しています。 当コレクションではアメリカの対麻薬政策に焦点をあて、ニクソンからオバマまでの40年あまりの期間を対象に、 麻薬問題をめぐる両国の複雑な関係を証言する1,877点の文書を収録しています。

<収録例>
法の執行から安全保障まで、薬物規制の変容/1970~80年代に行われた、除草剤の散布などで麻薬栽培の根絶を目指す作戦/メキシコの麻薬カルテルによる暴力的な抗争、政府の腐敗/麻薬捜査官エンリケ・キキ・カマレナの殺害(1985年)に関する連邦捜査局の報告書/メキシコ軍の対麻薬活動/北米自由貿易協定(NAFTA)が麻薬取引に及ぼした影響/国境地帯における抗争の激化/メキシコの司法制度改革、専門機関の設立等を目指す、アメリカ政府による対麻薬活動支援計画(メリダ・イニシアティブ)

アメリカとエルサルバドル・1:1977-1984年
El Salvador: The Making of U.S. Policy, 1977-1984

カーターからレーガン政権へ エルサルバドルに対するアメリカのトップ・シークレットとは
エルサルバドルにおけるアメリカの諜報活動と政策決定を記録した主要な文書資料 約5,000点・27,000頁以上を、体系的に編集してコレクション化したものです。1977年から1984年までの年代をカバーしています。
国務省・国防総省・財務省・司法省や国家安全保障委員会(NSC)・CIAなど、連邦政府機関十数カ所の文書ファイルから 報告書・通信文・書簡・声明などを収集しています。大半の文献は、従来非公開だったものです。 アメリカ政府のエルサルバドルに対する政治的・経済的・軍事的関与とそのプロセスについての総合的な理解に大いに役立つ資料です。 当時の重要人物に関する経歴や背景、アメリカ外交政策に見られる変化と継続性、アメリカにおける情報公開の過程など、様々な観点からの利用が可能です。

アメリカとエルサルバドル・2:内戦・和平と人権、1980-1994年
El Salvador: War, Peace and Human Rights, 1980-1994

エルサルバドル内戦に対するアメリカの関与 内戦当初から和平までの全過程をたどる公文書を初公開
エルサルバドルの12年間にわたる内戦の歴史と、当時の対米関係・人権問題・和平過程を明らかにするコレクションです。
アメリカの国務省・国防総省・国家安全保障委員会(NSC)・CIAなどの1,384点・6,614頁におよぶ文書を収録、 その大半は1993年及び94年に機密解除されたものから成っています。さらに、和平と停戦の仲介役を果たした国際連合の資料も含んでおり、 第一級の一次資料として高い価値を有するコレクションと言えるでしょう。冷戦末期におけるアメリカの対中南米政策、エルサルバドル政府軍支援の背景、 エルサルバドル国内での人権問題と政治的・経済的状況などに関する情報の宝庫です。

グアテマラ:アメリカの軍事政権支援と内戦、虐殺、1954-1999年
Death Squads, Guerrilla War, Covert Operations & Genocide: Guatemala and the United States

20万人の犠牲者を生んだ40年間にわたるグアテマラの虐殺史
1954年、CIAの支援によるグアテマラ軍事独裁政権の樹立から、1996年の和平協定調印を経て1999年、 国連の歴史解明委員会がグアテマラ国家の虐殺を結論づけるに至るまで、およそ40年間にわたる生々しい暴力とジェノサイドの歴史が明らかにされます。
2,000点を超える初公開の一次資料の最大の目玉は、1999年にグアテマラ軍の文書ファイルから持ち出された、暗殺部隊の業務日誌です。 この他、上記の歴史解明委員会による1999年の報告書や、これまで未公開だった国務省、国防総省、CIA、ホワイトハウス等の資料も含まれます。

ニカラグアとアメリカ:1978-1990年
Nicaragua: The Making of U.S. Policy, 1978-1990

中米におけるアメリカの内政干渉のケーススタディ!
13,000頁に及ぶ3,500点以上の資料を収録、その多くは国務省と在ニカラグアアメリカ大使館との通信文書です。
1979年、「新しい社会主義」を唱えるサンディニスタ民族解放戦線(FSLN)がソモサ一族の長期独裁政権を打倒すると、 アメリカ政府は社会主義を抑え込むために封じ込め政策をとるとともに、旧ソモサ派の反政府ゲリラ”コントラ(反革命派)”を 軍事支援し、ニカラグアは内戦状態におちいりました。
革命勃発から1990年総選挙での革命政権の敗退まで、アメリカの対ニカラグア政策の実態を明らかにします。

<収録トピック>
1979年革命の背景とアメリカの画策、革命派政府とカーター政権との初期の関係、コントラの出現、1984年のサンディニスタ政権下の初の総選挙、 レーガン政権による全面経済封鎖とコントラへの違法支援の発覚、CIAの極秘の準軍事行動、 コントラ支援を議会・国民に支持させるためのアメリカ政府のキャンペーンなど。

アルゼンチンとアメリカ:人権問題、1975-1980年
Argentina, 1975-1980: The Making of U.S. Human Rights Policy

独裁政権下の大規模弾圧に対するアメリカの人権政策を明らかにする
1970年代後半のアルゼンチンに対するアメリカの政策を記録します。
クーデターで政権を獲得した軍部の独裁政権下に、アルゼンチンでは市民に対する大規模な不当勾留、拷問や誘拐、殺害が幅を利かせました。当コレクションはこの弾圧の時代の2,429点の資料を収録、そのうち新たに機密解除された文書のほとんどはアメリカ国家安全保障アーカイブの請求により開示され、今回初めて刊行されるものです。
共産主義の普及から核拡散まで、南米について従来論じられてきた問題に加えて、何万もの人々が行方不明となった大規模な人権侵害に対するアメリカの取り組みを明らかにし、人権問題がアメリカの外交政策の重要事項となる過程に光を当てます。
1976年後半、アメリカはアルゼンチンで数千人の人々が行方を絶っていると指摘し、翌年にはカーター政権が軍部の弾圧行為を止めるための人権政策を実行に移しました。
当コレクションはレーガン政権までの文書を収録、その中には国務次官補のElliott Abramsらがアルゼンチンに対して、“汚い戦争”で軍事政権が略取した子供たちの問題の解決を求めた文書などが含まれます。これらの文書は2012年、旧軍事政権の幹部らに対する裁判で資料として提出されました。
政治的暴力に対する南米の闘争、アメリカの南米政策、国際舞台における人権の機能といった、きわめて今日的な問題に対する重要な一次資料を提供します。

チリとアメリカ:民主主義・独裁政治・人権、1970-1990年
Chile and the United States: U.S. Policy toward Democracy, Dictatorship, and Human Rights, 1970-1990

チリ社会主義政権へのアメリカの介入政策
1970年以降のアメリカの対チリ政策、チリとの関係を対象とした機密解除文書コレクションです。 アジェンデ・ゴセンズの社会主義政権に対し、ニクソン政権が干渉を決めた1970年から、 アジェンデを解任した軍事政権が終わりを告げる1990年までを対象とします。
アジェンデを倒し、政権交代をもたらすための秘密調査に関わるニクソン内閣の政策策定の過程、 ピノチェト・ウガルテ陸軍司令官による政府樹立への支援等、この期間の主要な事項を幅広く取り上げます。
国際テロ、チリの民主政治への歴史的、平和的回帰、軍事政権を率いたピノチェトへの対応等、 暴力と人権に対するアメリカの政策に関しても取り上げます。

本コレクションは、複数の情報源から文献を入手しています。

  • クリントン政権の特別チリ機密解除プロジェクトにより開示された、CIA、国家安全保障会議(NSC)、国務省、国防総省、連邦捜査局(FBI)の1999-2000年の約23,000件のレコード。
  • 情報公開法に基づき、アメリカ国家安全保障アーカイブのチリ文書プロジェクトが開示請求した多くの文書。
  • ニクソン、フォード、レーガン各大統領図書館での調査内容。
  • オルランド・レテリエル、ロニ・モフィットの暗殺、チャールズ・ホーマン殺害等の民事訴訟を追跡した特別機密解除。
  • 元CIA長官リチャード・ヘルムズの刑事訴追等から入手したアメリカ文書。
  • パラグアイ”Archives of Terror”、英国立公文書館、チリの公文書館や裁判所から収集した文書類。
  • ニクソンテープ(ニクソン大統領の電話による会話、会議の秘密録音)より、チリに関連する24の音声ファイル など

コロンビアとアメリカ:政治暴力・麻薬・人権、1948-2010年
Colombia and the United States: Political Violence, Narcotics, and Human Rights, 1948-2010

闘争、政治汚職、社会不安-過去50年間にわたる、アメリカのコロンビアに対する政策を辿る
国務省、国防総省、CIA、その他の政府機関から提供された約2,000の文書により、コロンビアの幅広いトピックに対するアメリカのとりくみに焦点をあてています。

  • 冷戦期:コロンビアの地方部における初期の反乱グループの結成
    麻薬戦争:強力な麻薬売買組織が国の政治的制度をおびやかした時期
    1990年代の準軍組織による暴力行為:麻薬売買地域におけるゲリラの影響を取り除くために右派民兵組織がコロンビアの地方部で行ったテロ行為
    あらゆる武装行為に対する情報分析、政治・軍事上の書類、多くの重要な人権問題に関するアメリカ大使館の詳細な記録を収録します。
    1985年の司法省占拠事件
    1997年のMapiripanにおける準軍組織による虐殺(コロンビアの治安部隊と違法の準軍組織の協力関係に対し、深刻な疑問をなげかけました)
    コロンビアの高級官僚と、麻薬貿易や違法の暗殺チームとの関係を示した”パラポリティカ”スキャンダル(準軍組織と政治家の癒着スキャンダル)、アルバロ・ウリベ大統領下の、準軍組織の非武装化に至った論争的な交渉にも焦点をあてています。

ペルーとアメリカ:人権、薬物と民主主義、1980-2000年
Peru: Human Rights, Drugs and Democracy, 1980-2000

ペルー内戦以降の政治危機とアメリカの外交政策をクローズアップ
ラテンアメリカにおけるアメリカの外交政策に関する資料を収集。大半が、輝ける道(Shining path、後のトゥパク・アマル革命運動 – MRTA)からの 反乱軍と正規・非正規の政府軍の間の、1980年の内戦勃発以降のもので、ベラウンデ、ガルシア、フジモリの歴代大統領が直面した政治危機を明らかにします。 (一部1960-1970年代の文書も収録します。)
最新のアメリカ政府の公開情報に加え、リマのアメリカ大使館、米軍当局者、アメリカ諜報関係者によって証言された、ぺルーの内戦、内部弾圧、 ペルー政府の強権主義の増大に関わる第一級資料を提供します。
当時のアメリカのラテンアメリカ政策を跡づけるものであると同時に、政治的激動期における政権中枢による権力の濫用、 反乱軍と軍の双方による人権侵害についての記録でもあり、ぺルー真実和解委員会が扱った重要な出来事に焦点をあてています。

Digital National Security Archiveのその他のテーマのコレクションは下記からご覧ください。

関連商品カタログ